KAIKAモデル

KAIKAとは、次世代組織をつくる運動として提唱している考え方です。
次世代組織とは、継続して価値創造する力を持つ組織を指しますが、ここでの価値とは、組織・個人・社会のそれぞれにとって評価される価値です。(価値の多元化)

そのためにKAIKAは「個人の成長、組織の活性化、組織の社会性を同時に満たす」ことを運動と捉えています。

  • 個人の成長、働きがい・・・・・・・「個人のダイナミズム」
  • 組織の活性化、成果・・・・・・・・「組織のダイナミズム」
  • 事業体としての健全性、繋がり・・・「社会との関係(組織の社会性)」

この関係を表したものがKAIKAモデルです。

KAIKAモデル(1)

KAIKAモデル

KAIKAモデル(2)―プロセス・要件別で整理したもの

KAIKAモデル

KAIKAモデル(3)―モデルの詳細

KAIKAモデル
KAIKAモデル
KAIKAモデル
KAIKAモデル

KAIKAの使い方 – 運動の一例

KAIKAモデル

ページトップへ戻る