KAIKAプロジェクト

KAIKAとは、KAIKAとはJMAが2011年から提唱している、「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」を同時に実現していくプロセスを指します。

この考え方には、多様化する社会、組織、個人という背景・問題認識があります。
これまでは、「組織の視点や価値」だけで組織の活動は成り立っていましたが、今後、「個人」「組織」「社会」の3点のバランスを欠いた組織活動は、持続的な発展はできません。この3つの視点・価値を同時追求するための次世代組織のモデルが必要だと考えました。
このような背景、問題認識の下、「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」を同時に実現していくプロセスを“開花”を語源とする『KAIKA』と概念定義しました。

このプロジェクトは、KAIKA の考え方を軸にして実践すること全体を指します。
実践の1つ目は KAIKA の考え方を組織の中で実践していく KAIKA Action(運動)です。

また、すぐれた事例を称え、ベンチマークしていく表彰制度(KAIKA Awards) があり、賞賛・応 援により運動実践を奨励します。 これらと同時にKAIKAの考え方を研究するKAIKA Lab.を行い、あわせてシンポジウムなど発信の場をつくっていきます。

KAIKAプロジェクトのビジョン

・次世代組織をつくる活動として、KAIKA運動が有効な手立てとして認知され、様々な形態の組織やプロジェクトで実践されている

・KAIKAの概念が広く浸透し、経営やマネジメントの用語として一般的に使われている

こうした状態の実現により、「次世代」社会づくりに寄与していくことを目指しています。

KAIKAプロジェクトの背景

変化する社会や市場を前提にした「人」、「組織」づくりの必要性

昨今、大企業のコンプライアンスに関する社会的関心は高まってきており、ガバナンスに関する社会的要請は厳しさを増してきています。
また、働き方や価値観が多様化し人材がより流動化してきており会社と働く人の関係を見ても、大きく変わってきております。 「豊かさ」や「欲求」、「幸せ」といった尺度も変化し、組織の方向性が命題としてある時代から、社会の豊かさを探りながら個や組織の中でたえず具現化し続けなくてはならない時代へと切り替わってきています。新しいニーズや成長ポテンシャルは、領域を大きく広げた市場、すなわち社会の中にあります。変化する社会や市場を前提にした「人」や「組織」を創り、準備、対応していく必要があると考えています。

未来型の新しい能力開発の考え方・手法「KAIKA」

こうした環境変化を踏まえて、JMAでは、新たに「KAIKA」プロジェクトを立ち上げ、未来に向けて企業、団体にとって必要となる組織のあり方や、そこに向けたJMAとしての支援の仕方について検討を重ねてきました。そうして、「KAIKA」モデルという能力開発の新しいモデルを構築するに至りました。

「KAIKA」とは、この「KAIKA」モデルを中心として、JMAが提唱する次世代組織をつくる運動、手法です。
「KAIKA」は未来志向の取り組みであり、柔軟性を持って時代の変化に迅速に対応しながら、真に「KAIKA」に参加する組織が活性化できる様に、活動の支援の仕方、フォローの仕方なども含めて様々なチャレンジをしていきたいと考えています。

KAIKAの未来図

(KAIKA 検討委員会・出馬氏の資料をもとに作成 )

ページトップへ戻る