これからのマネジメントに関する研究

KAIKAプロジェクトでは、新しい(多様な)価値観、新しい(多様な)働き方、新しい(多様な)組織形態を、経営の中に取り入れていく、哲学・思想をもった組織づくりについて、継続的に研究を続けています。

2015年度は、海外研究者への訪問ならびに、フランスにおける日系企業の現地経営者調査を通じて、マネジメントならびにイノベーションに関する研究を進めています。

概要

海外研究者調査   ・組織マネジメントにおける最新の研究を調査する
現地経営者調査   ・多様な人が働く組織におけるマネジメントの実態を深める

報告

・レポートはこちら
イベント「開放型組織をつくるマネジメントフォーラム」において、紹介いたします。

【参考】
・日本能率協会の「経営革新提言」はこちらをご覧ください。

・日本能率協会の「経営課題調査」はこちらをご覧ください。

ページトップへ戻る