2015年4月15日・23日・5月7日:「表彰を活用した組織活性化」説明会

4月15日から5月7日まで、「表彰を活用した組織活性化」説明会を延べ3回開催し、延べ50名の皆様が参加くださいました。
またその後、7月に名古屋と関西でも実施し、延べ約60名の方々に2015年度は参加いただきました。

ご参加者は、経営企画、人事、事業部門など様々で、ご関心も、自社の表彰制度を抜本的に見直すといった、内部表彰を活用した組織活性化を主眼とされる方から、
さらに発展して、KAIKA Awardsを自社の活性化にいかに活用するかに主眼をおく方まで、様々な観点から、説明会にお越しいただきました。

当日の内容と、アンケートで頂いたコメントをご紹介します。

◆開催日時(いずれの日も同じ内容で実施しました):
4月15日(水)15:30~17:00
4月23日(木)15:30~17:00
5月07日(木)15:30~17:00

◆プログラム
・活性化からみた内部表彰・外部表彰のメカニズム
・内部表彰とその事例
・外部表彰とその事例~KAIKA Awardsを中心に~
・質疑応答・個別相談

◆開催場所:一般社団法人日本能率協会 会議室

◆登壇者
・深代達也 (一般社団法人日本能率協会 KAIKAプロジェクト室 主管研究員)
・山崎賢司 (一般社団法人日本能率協会 KAIKAプロジェクト室 室長)

◆アンケートで頂いたコメント

【1】全般評価

説明会では、お陰様でご参加者の87%の皆様から、
「参考になった」&「非常に参考になった」とのお声をいただきました。

【2】参加目的

・外部表彰に関心:42.1%
・内部表彰に関心:55.3%
・活性化に関心 :73.7%
※複数回答あり

【3】ご参加者の声紹介

皆様より、

~表彰と活性化について~
  • 表彰をどう従業員の活性化につなげるかの考え方を聞くことが出来、良かった。
  • 現在企画している表彰制度、改善活動制度のポイントがズレていることがわかった。
  • 社内の制度の更なる充実と社外表彰については、今すぐは難しいが趣旨を活かしていきたい。
  • 表彰の具体的な活用等について知りたかったので、参考になったた。
  • 社内中心で考えている現状だが、活性化に参考になった。
  • 社内表彰と社外表彰のそれぞれの特徴がわかった。社内表彰の具体的な事例がわかりやすかった。「表彰」というものに対して今までにない観点のお話を聞くことができた。
~外部表彰の活用について~
  • 組織活性化の為のユニークな表彰制度が数多くあるということに気付かされた。外部を使って外堀を埋めるという方法もおもしろいと思う。
  • 一番の課題が社内組織の活性化・マネジメント。見えない報酬や個人の「必要とされている」を実感できる社員が、やはり貢献度が高い。このような人材を増やし、活かすマネジメントに表彰制度を取り入れたいと考えている。
~全般について~
  • 異なった視点からの表彰をみることができ参考になった。
  • 周囲の方も同様の悩みがあるんだと分かったことが良かった。
  • 内容がロジカルに整理・説明され、個人・組織・社会の視点への重なりを理解できた。
  • 組織のベクトル化のヒントを得ることが出来た。ありがとうございました。
  • 薄々感じていたことが整理された。
  • 社内で見せる化の検討をしていくようにしたい。
  • 表彰制度について既成概念に囚われずに考えることが必要と感じた。
  • モチベーション向上策について検討、準備をしているが、色々なヒントをいただいた。

など、様々なフィードバックをいただきました。

【4】おわりに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA組織活性化における表彰の活用について終了後も熱心に相談くださる方が多く、皆さんのご関心の高さを強く実感した3日間でした。

我々も、こうした説明会や、具体的な個別のご支援を通じてさらに貢献をしていきたいと感じました。

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

ページトップへ戻る