2015年8月7日:技術者の“開花”をテーマにした共同企画者の集い

現在の開発技術者を取り巻く環境は、業務の細分化、多忙化が進み、業務以外に視野を広げる機会が減少している現実があります。
そのような中で、特に若い開発技術者を中心に、部外・社外へと視野を広げ、未来への視座をもって仕事をできるような機会が決定的に必要だという声をもとにして、技術者の“開花”-成長や視野拡大-をテーマにした企画者の集いを企画しました。

<開催概要>

◆日時:8月7日(金) 14:30~17:30
◆場所:日本能率協会 内 会議室(東京都港区芝公園3-1-22)
◆内容:
 ・趣旨説明
 ・参加者自己紹介と「技術者の開花」に関する意見交換
 ・ゲスト講演 「部門で取組む風土改革実践事例~技術者が育つ組織のつくり方」、質疑応答
  佐藤良様(株式会社デンソー 技術開発センター 技術人材戦略室 技術系人づくり推進課 担当次長)
 ・今後の活動について

<レポート>

当日は、技術者の育成や組織づくりにかかわる約15人の方々に参加いただきました。
ゲスト講演の佐藤様からは、組織メンバー一人ひとりの力が発揮できる組織づくりをどのように進めてきたか。またその過程で熱意・意欲・志をメンバーが持つことが大きいと考え、様々な取り組みをされてきたことをうかがいました。自ら考えて行動する組織、ミッションステートメントの連鎖などの先に、自ら学習する風土がつくられていることが大きく、技術者が育つ本質部分の議論にも及びました。

ページトップへ戻る