2015年12月17日:エンジニア志塾 第1期始動! 第1回開催レポート

「学びと交流のプラットフォーム」づくりの一環で、「エンジニア志塾」が始まりました。

それぞれの会社で人と組織の力を高めたいと思っている担当者たちが、 それぞれの会社が有している資産を有効活用して、 自社の人材のみならず、他社のリーダーの育成にも尽力する。 いわば、JAPANを強くする、エンジニア志塾。

第1期、第1回目を12月17日にスタートさせました。

企画・運営を参加企業が主体で行うのが特徴で、第1回目は参加企業の1社、岡本硝子様を訪問し、プロフェッショナルとしてありたい姿をテーマに、工場見学・講演・ディスカッションを行いました。

岡本硝子様は、高い技術力をもとに特殊ガラスを幅広く手掛けていますが、中でも深海探査艇「江戸っ子1号」というプロジェクトで提供したガラスは、海底深く沈んでも耐久性を保つ唯一のものであり、相当の試行錯誤を重ねて開発してきたそうです。

その開発を率いた高橋様の講演はエンジニア・プロフェッショナルの志を考えるうえで非常に刺激的なものでした。その後、工場見学でガラスの製造過程も見せていただき、現場の熱を感じながら異業種のまじるグループで、各社の仕事や課題についてディスカッションを進めました。

今期は全4回を予定。各社から2~4名の参加、計15人のメンバーでどのような刺激が起こっていくのか、企画・運営側もともに走りながら、プラットフォームづくりを進めていきます。

<第1期参加企業(企業名50音順)>
岡本硝子株式会社
東日本旅客鉄道株式会社
富士ゼロックス株式会社
富士通株式会社
株式会社ブリヂストン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ページトップへ戻る