2016年11月・12月:エンジニア志塾<第2期> 第3回・第4回開催レポート

エンジニア志塾 第3・4回目では“本気”の真髄に触れる

それぞれの会社で人と組織の力を高めたいと思う担当者が、各会社が有する資産を有効活用し、自社だけでなく他社と共に人材育成に尽力する。いわば、JAPANを強くする、エンジニア志塾。参加企業が知恵と資源を持ち寄り、持ち回りで開催していきます。

11月11日に第3回目、12月9日に第4回目を実施。第3回目はVSN様、第4回目は本田技術研究所様への訪問でした。
 
VSNでは提供する価値は何なのか、徹底して考え抜いて誕生したサービスと、それを実際に体現した話を塾生からも披露してもらいました。塾で接するメンバーがどんな仕事を普段しているのか、自身とは違う業界の話を聞くだけでも刺激になります。またここでは社長の川崎様から今に至る軌跡やそこにかけた想い、そして大きな視野に立った今後の話を伺い、
また本田技術研究所様では、コダワリの現場、ワイガヤで発想する会議などに触れ、会社の風土そのものから大きな刺激をいただきました。

各回ともグループ討議を行いましたが、お互いからどんどん引き出し、自身の発想を広げるディスカッションになっていきました。せっかくの他社交流という機会。ここで得た視点がもしかしたら10年後に活かされるかもしれません。今後熟成できるような刺激をたくさん得た中盤開催の2回でした。

ページトップへ戻る