2016年8月24日:学びとコミュニティLab. 第2回開催レポート

昨年から始まった「エンジニア志塾」では、本編の「志塾」活動だけでなく、
実はその企画会議自体が盛り上がり&学びの場になっています!

「エンジニア志塾」は参加企業が知恵と資源を持ち寄り、開催する場です。
各社から参加している企画メンバーは、各社で豊富な経験を経てきた人たち。
その経験を披露するうちにお互いに学び合い、「学びとコミュニティLab.」に発展しました。

<レポート>

株式会社ブリヂストン・金子隆さんより話題提供をいただきました。

開発力強化というテーマに対してやってきたことは「技術部門間連携、戦略構築、マネジメント層への働きかけ、人材育成、プラットフォームづくり、風土づくり…」と幅広く、しかし一つひとつ手作りでつくってこられた過程のお話が、大変参考になりました。

その会社の考え方が詰まった研修は、その実施・継続そのものが企業の「根」すなわち土壌になるのではないかという投げかけは、人・組織づくりの本質的な問いとして、参加者からの共感が相次ぎました。

また、製品開発・技術開発でどう組織連携をしていくか、どのようにそこを設計するかという話題提供もあり、各社の取り組み事例なども紹介しつつ、相互の共感と課題共有が進みました。

manabi_lab

ページトップへ戻る