2016年11月2日:学びとコミュニティLab. 第5回開催レポート

昨年から始まった「エンジニア志塾」では、本編の「志塾」活動だけでなく、
実はその企画会議自体が盛り上がり&学びの場になっています!

「エンジニア志塾」は参加企業が知恵と資源を持ち寄り、開催する場です。
各社から参加している企画メンバーは、各社で豊富な経験を経てきた人たち。
その経験を披露するうちにお互いに学び合い、「学びとコミュニティLab.」に発展しました。

<レポート>

「特殊ガラスと薄膜で光を科学する」を掲げて事業展開をされている岡本硝子の和賀忍さんから、研究開発・製造・販売に至る工夫や部門間シナジーへの課題等をお話いただきました。

技術から営業まで幅広い経験をもとに、自社の暗黙的ノウハウをどう表出化させるか、どこまで形式知かできるのか、そこに人材育成をどう埋め込むか…技術やものづくりの組織であれば、必ず悩みとして抱えることかもしれません。

自社や自分のポリシーにまで話は及び、継続的に議論したい!という話になりました。

ページトップへ戻る