KAIKAの提唱(人間経営)・なぜKAIKAなのか?

日本能率協会(JMA)では、人間中心の経営・マネジメントの普及に取組むと同時に、時々の重要な経営課題に応じた提言活動を行ってきました。
企業の生み出す価値が、「経済的価値」のみならず「社会的価値」の両方を示すようになってきた時代をとらえ、2011年より「社会との関わり」を起点にして、改めて企業や組織の活動を問い直すことに取組みました。
そして2012年JMA70周年の際、「共・進化の提唱」を発表し、そのなかで
「“人間経営”を土台にして、社員とともに進化しよう」と提言したのです。
そのための組織づくりの運動を「KAIKA(開花・開化)」と名づけ、活動を始めました。

 

<2012年度日本能率協会提言「共・進化の提唱」より抜粋>

共通の目的軸のもとに、「個人の喜び」「企業・組織の喜び」「顧客・社会の喜び」がつながることによって、新たな価値創造がなされる。この好循環状態にある組織は、継続して価値創造する力を持つ次世代組織といえる。日本能率協会では、このような組織をつくる運動として、人の成長、組織の活性化、組織の社会性を同時に達成していく、新たな価値創造活動を「能力開花-KAIKA-運動」として推進している。

 

関連リンク

日本能率協会の提言はこちら
日本能率協会調査・提言やKAIKAに関する講演依頼・執筆依頼・お問合せなどはこちら

 
 

次のページ:KAIKAとは
ページトップへ戻る