KAIKA Awards KAIKA 過去の受賞組織・取り組み概要

株式会社竹中工務店 CSR推進部/NPO法人アジアン・アーキテクチュア・フレンドシップ
受賞テーマ:「プロボノによるネパールフィルム村での学校建築プロジェクト』を通じた社会価値創造と社会課題解決マインドの組織内醸成」

概要

  • 社内有志が1999年から任意団体AAFを設立し、ネパール北部ヒマラヤ山麓の村に貧困などが原因で学校に通えない子供たちのために学校建築を行うプロジェクトとしてスタート。2015年にそのプロボノ活動を本社CSR推進部が中心となり本社支援のもとNPO法人化、CSRや総務は同運営をサポートし、本社社員は寄付やバザーなどの形で同支援をサポートすることで活動を続けている。また、社内研修の事例として活用し、社員の社会課題解決マインド醸成にも役立てている。
  • 「まちづくり総合企業」として、現地に沿った建築づくりのみならず、教育体系作り、街づくり、協力体制づくりなど、周辺を理解し進めることで、関わった方が多様性を理解しプロジェクトを進める必要性が理解できる場となっている。

   

評価

NPO法人化する前までは、個々人の志によって活動を貫いてきた。こうした社員の方々の存在こそがグループの誇りであり真似のできない資産であろう。社員の自発的な活動、そしてそれを見守り、さらに支援する企業姿勢といった、個人と組織の関係性を広く知ってほしい。
「作品主義」という言葉に代表される理念を、創造性の源泉である自由な風土にまで昇華させた組織能力が素晴らしく、これが個人の志を下支えしているといえる。元々、「よってたかって」というおせっかいを焼く、困っている人を助ける組織文化があったことは内部環境面で押さえておくべき重要なポイントであり、実直に社員に浸透させている組織体制作りには地道な努力があったであろう。
AAF自体は将来的にネパールの活動に区切りをつけられた段階で、別の地域への展開を模索する予定とのことだが、同活動の経験・知見は、今後もCSR活動として、日本および世界各国の地域のまちづくりに活かされていくことだろう。

会社概要(2017年受賞時)

住所
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町4-1-13
代表者
宮下 正裕(取締役社長)
事業内容
建築工事及び土木工事に関する請負、設計及び監理
HP
http://www.takenaka.co.jp/

ページトップへ戻る