KAIKA Awards KAIKA 過去の受賞組織・取り組み概要

株式会社デンソー yuriCargoプロジェクト
受賞テーマ:スマホアプリ「yuriCargo」で安全運転を心がけワンチームで交通事故を削減したい!

概要

デンソーは、自動車産業に携わる企業の一員として、社員の交通事故ゼロを目指し様々な啓蒙活動に力を入れてきたが、それだけでは目標達成は難しく課題となっていた。そのような課題感のもと、当社デジタルイノベーション室では、ドライバーがいつでも安全運転への意識を高く持ち、みんなで自信(≠過信)をもって運転する社会、さらにドライバーにとって安全運転をすることがお得になるようなモビリティライフの実現を目指し、スマホアプリ「yuriCargo」を開発。全社の交通安全活動に取り組む総務部のサポートも得て、2020年7月より「yuriCargo」プロジェクトとして社内にアプリを展開し、スマートフォンへダウンロードし運転するだけという手軽さから、すでに多くの社員が楽しみながら活用を始めている。今後は、本社がある刈谷市をはじめ、安全運転を目指す自治体やモビリティサービス企業等へサービスを提供し、安心・安全に移動できる街づくりに貢献していくことを目指している。

評価

本プロジェクトでは、「安心・安全に移動できる街づくり」を目指して、その本質から外れずに、開発が進められている。アプリのゲーム性ではなく、「安全運転」という本質的なテーマを取り上げ、誰にとっても身近なものとなるよう、事業化しようとする試みである。

アジャイルという、アプリ開発においてはよく使われるビジネスプロセスも、長年培われてきた組織風土のなかではチャレンジングな取り組みであろう。ビジネス開発をアジャイル型で進めるなかで、社内外に新たなエコシステムを創り出しつつある点も注目される。

一方で、社内に向けては、自社の基本価値と長期方針に直結するサービスとして練り上げられている。改善を続け、スピーディにパフォーマンス向上していく姿を社内に見せていることにより、新たな組織文化へのチャレンジにもなっている。

こうした実験的な活動は、イノベーションに取り組む多くの企業にとって、おおいに参考となるだろう。

会社概要(2020年受賞時)

住所
〒448-0029 愛知県刈谷市昭和町1-1
代表者
有馬 浩二(取締役社長)
事業内容
自動車部品、システム、生活及び産業関連機器の開発・製造・販売
ページトップへ戻る