KAIKA Awards KAIKA 過去の受賞組織・取り組み概要

株式会社大川印刷
受賞テーマ:やってみよう、が世界をかえる大川印刷の挑戦 ~ コロナ禍でも前進する人間力 ~

概要

大川印刷は、2005年より、自社をソーシャルプリンティングカンパニー®(社会的印刷会社)と位置付け、環境印刷の推進や社会課題解決を目指して活動。2015年に国連にてSDGsが策定され、それまでの活動がSDGsの目標とマッチングすることも多くあることから、2017年よりSDGsを経営計画に取り入れ、パートタイマーを含む全従業員参加によるボトムアップ型SDGs経営計画プロジェクトを立ち上げた。
SDGsの学びの場の提供(「学びにおいでよSDGs工場見学ツアー」の開催)、食品ロス削減に対する取り組み(社内サルベージパーティーの開催)、従業員単位でのCo2削減への取り組み(ノーカーデーの開催)、サプライチェーン企業への環境意識に対する勉強会の開催など、活動は多岐にわたっている。

評価

SDGsへの優れた取り組みで知られる大川印刷だが、環境重視経営への転換を本気で行い、継続している。従業員もSDGsについて主体的に取り組んでおり、全体のビジネスモデルとして素晴らしい。

印刷業という業態のなかで、世界的な課題となっているCO2排出ガス削減に向けて、率先して具体的に行動する姿は評価に値する。また、SDGsに関する考察と実行をボトムアップで取り組むことにより、プロジェクトに関わり、またリーダーとしての経験を積むことが、個々人の成長につながっている。

大川印刷のSDGsを軸とした経営活動は、環境経営を 体現する人材が作りあげていることにも着目しなければ ならない。社会との関わりと情報発信については、活動 がSDGsの最前線のものであることから説得性が高い。 社会性や社会的価値の実現を経営計画に組み込むこと で、環境の変化に創造的に適応し、持続的な価値創出を実 現している事例として、おおいに参考となる。

会社概要(2020年受賞時)

住所
〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町2053
代表者
大川 哲郎(代表取締役社長)
事業内容
企画・デザイン・印刷・製本・梱包・発送・品質検査
ページトップへ戻る