ABOUT

「イノベーティブに社会の課題を先取りし、ビジネスを持続させる」ことのできる企業・組織を真に実現するために、経営者や管理者は今後、人・組織づくりに対してどのような視座や行動が重要でしょうか?

「人材の多様化・戦力化」「事業拡大・継続(持続性)」「働き方」「社会との関わり」など、日本能率協会(JMA)が提唱している『KAIKA組織』のあり方、取組みの視座、実践しきらりと光る企業事例などを紹介していきます。

これからの「組織マネジメントのあり方」を考える経営者・マネジメント職の皆様は是非ご参加ください。

 
 

KAIKA Awards 2018 表彰式併設シンポジウム

■日 時:2019年2月20日(水)14:00〜17:15(予定)
■会 場:赤坂インターシティコンファレンス(東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR)
■主 催:一般社団法人日本能率協会

■参加料:

分類 参加料(税別)
KAIKA Awards 2018 応募組織 無料
上記以外(日本能率協会会員) 25,000円/名
上記以外(日本能率協会会員外) 29,000円/名

※日本能率協会会員一覧はこちらをご覧ください。

 参加の場合は、下記より事前にお申し込みください。
 同日午前に開催の表彰式・事例発表にも同時に参加申込みいただけます(表彰式参加は無料)。

■プログラム(敬称略)
<セッション①>   
「共感を呼ぶマネジメント〜企業理念の伝承と浸透」

KAIKAの考え方では、組織は「個人」と「社会」に共感されることが重要なファクターであると考えています。今、社会や経済状況が大きく変化し、多様化も進むなか、組織としてのぶれない軸とそこへの共感が、組織を変化させ、継続させるキーになります。
本セッションでは理念経営とその浸透・共感、そして伝承のあり方について考えます。

コーディネータ:福岡大学 商学部 教授 合力 知工
(KAIKA Awards 2018検討委員)

<セッション②>
「個の力が活きる組織とは?〜個と組織の新たな関係」

人口減少や多様化など、これからの組織は「個人」に選択される組織になる必要があります。また、個人においてもAIの浸透や多様性のなかから組織に選ばれる人材として成長する必要があるでしょう。本セッションでは「個」に着目した組織の取り組みとその成果や変化の事例を通じて、これからの「個人」と「組織」の関係性について考えていきます。

コーディネータ:株式会社インディージャパン 代表取締役 トレーニングディレクター 山田 竜也
(KAIKA Awards 2018検討委員)

■参加申し込み

下記事前登録フォームより事前にお申し込みください。
「参加証」と「請求書」をお送りさせていただきます。

  

 

KAIKA Awards 2018表彰式のご案内

同日開催のKAIKA Awards 2018の表彰式の詳細は、下記ページをご覧ください。

■日 時:2019年2月20日(水)10:00〜12:30
■会 場:赤坂インターシティコンファレンス(東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR)
■参加料:無料(事前登録制)