<KAIKA大賞> JTBグル―プ

「『JTB地球いきいきプロジェクト』を通じた人づくりと社会価値の創造」

【取り組み概要】

高野山や伊勢などへの参詣の事例をみても、古くから人はどこかへ旅してきた。生物の本能ともいえるのかもしれないが、未知の場所を訪れることは人の気持ちを昂ぶらせる。非日常を味わい、自己の位置を知り、他者を理解すること、そして自分の持っている本来の力を引き出すということにもつながっているのではないだろうか。旅をすることとは未知のものに出会うことで、そこでの学びを日常に活かすことだろう。「はじめて訪れる土地、はじめて味わう料理。異邦人ならではの感覚を日常生活でも行い、未知に接することを旅人の思考と呼ぼう」と哲学者ボトンは言っている。旅は人の成長を促す。

旅行業を主要事業にするJTBだが、1912年の創立以来、事業を通した社会への貢献を使命として旅行業界を牽引してきた。本事例は、グループの事業領域を、人々の交流を創造し、促進する「交流文化事業」と定めた同社が、「お客様の感動と喜びのために、JTBならではの商品・サービス・情報および仕組みを提供し、地球を舞台にあらゆる交流を創造する」活動である。

JTBが主催し現地を訪れることが目的である一般の旅行募集や旅行手配などとは異なり、地域で営業展開する社員や...

lock会員専用コンテンツ

続きを読む場合はログインが必要になります

KAIKA Awards 受賞事例はこちら KAIKA Awards特設サイト
執筆・講演のご相談はこちら お問い合わせ
pagetop