<KAIKA大賞> 株式会社リバネス

「科学技術の発展と地球貢献を実現する~知のプラットフォーム型ベンチャー企業」

【取り組み概要】

同社では「教育応援プロジェクト」「研究応援プロジェクト」「創業応援プロジェクト」という3つの事業を柱に、年間200を超えるプロジェクトを展開している。

「教育応援プロジェクト」は、産業界と教育界が連携して行う、新しい次世代科学教育の取り組みである。中でも、創業当初から軸として行っている事業が出前実験教室である。子どもたちに向けて研究者が自らの研究の魅力を伝える活動を行うことで、次世代育成につながるのは勿論のこと、研究者にとっては非専門家に対して科学技術をわかりやすく伝える「サイエンス・ブリッジ・コミュニケーション」の能力が実践的に鍛えられる機会となる。この考え方を企業の研究人材育成にあてはめることで、教育応援プロジェクトは多くの企業を巻き込んで発展している。自社の理念やテクノロジーをわかりやすく伝え、その先にある未来を語れる研究員の人材育成の場として、企業における出前実験教室の活用が広がっているという。現在100を超える教育プログラムをリバネスは企業と共に開発しており、自社技術の情報発信や出前実験教室の実施、教材開発等を通じて子どもたちが科学技術を学ぶきっかけを育む「教育CSR活動」としてもその取り組みが注目されている。

<...

lock会員専用コンテンツ

続きを読む場合はログインが必要になります

KAIKA Awards 受賞事例はこちら KAIKA Awards特設サイト
執筆・講演のご相談はこちら お問い合わせ
pagetop