Vol.10 公共交通 ~コラム:技術者の視点で世の中を俯瞰~森田さんに聞きました

Vol.10 公共交通

私は、乗り物が大好きです。それが極まって自動車関連産業の末端に携わってまいりました。今日は、その中で公共交通について少し考えてみましょう。ただし、公共交通を考える上でも歴史に学ぶことが大切です。公共交通は、市場主義の経済原理に従い歴史的に自然に最適化されてきたように感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら現在各国別に大きな違いがみられるその理由をきちんと紐解いていくと意外な要因が見え隠れすることがわかります。また現在の公共交通の動きをそれになぞらえると将来姿がおぼろげに見えてきます。 まず、公共交通の世界での現状を理解するためには、社会インフラの発達が成熟国と新興国の間で単純に成熟国を新興国がトレースして追っかけているのではないことを思い出す必要があります。その結果、現在、西欧型成熟国とアメリカおよび新興国の間でまったく異なる公共交通の姿が出来上がっ...

lock会員専用コンテンツ

続きを読む場合はログインが必要になります

pagetop