Vol.15 自動運転 ~コラム:技術者の視点で世の中を俯瞰~森田さんに聞きました

Vol.15 自動運転

今回は、前回の予告通り乗用車の自動運転のお話をしてみたいと思います。かなり大胆な仮説と考察なので、今回は議論が巻き起こること必至の内容になると思います。今シリーズのコラムで飛行機の技術は必ず自動車に展開されると述べ続けてきました。飛行機の自動操縦は、相当進んだところにあるのは事実です。完全自動の着陸(もっとも難易度が高い自動操縦)も完成されており、YOU-TUBEで検索すると見事な自動着陸を見ることができます。それでは、自動車への展開はどうでしょうか。 まず、結論から行きますと、“完全自動運転車両が交通社会に普通に混在できるようになるのはすこし先になるのではないのか”とわたくしは思っております。反面、人が運転主体でアシスト機能の拡充や全車自動運転の限定条件下での完全自動運転については想像以上に早く一般化すると思っております。それでは、なぜそう思うのかを少し詳しく説明した...

lock会員専用コンテンツ

続きを読む場合はログインが必要になります

pagetop