Vol.5 遺伝か環境か ~コラム:技術者の視点で世の中を俯瞰~森田さんに聞きました

Vol.5 遺伝か環境か

最近いろいろな形でDNAが話題になります。実は、タイヤ会社である私たちも農産物である天然ゴムの研究分野で全ゲノムの解析や各種マーカーの研究などを行っております。今日は、そのような研究を通して遺伝子解析の先生方にうかがったお話を書いてみたいと思います。 人間の基本的形質は、遺伝子、つまり4種類の核酸の連続する高分子によって決まるということを皆さんご存知だと思います。人間の場合その数は、約2億という莫大な数字になるわけです。ところがこの遺伝子で決まるというのは一体全体どこまで決まるということを指すのかということが今でも議論なのです。たとえば、“あなたのクローン人間ができたとしてそれがあなたと同一の人間になるのでしょうか”という問題です。 答えは、もちろん“No”です。経験や記憶を含めて同じ人間はあり得ません。それは遺伝学的同一性とは別のところにある時間的経過つまり偶然と...

lock会員専用コンテンツ

続きを読む場合はログインが必要になります

pagetop