オンラインセミナー第3弾(無料)(2021年7月12日)
株式会社デンソー(2020年度 KAIKA Awards特選紹介事例発表)

今年度のKAIKA Awards (https://kaikaproject.net/awards/) の応募受付を開始したことにあわせて、下記のとおり、オンラインセミナー(参加費無料)の第3弾を開催します。
今回は、2020年度にKAIKA Awardsの特選紹介事例として選出されたデンソー様にご講演をいただきます。


自動運転や電動化等の新技術の導入により、100年に1度の転換期を迎えている自動車業界。
その中で立ち上がった安全運転に向けたスマホアプリ「yuriCargo」開発プロジェクト。
本セミナーでは、社内で自ら手を挙げ、本プロジェクトに加わったメンバーにご発表いただきます。

品質重視の企業風土のなか、アジャイル型プロジェクトとして推進する過程で、ご自身にどのような意識変革がもたらされたのかについて、生の声をお聞かせいただきます。また、今後 「yuriCargoプロジェクト」が社会に向けて、目指していることについてもお話しいただきます。

DXへの関心・取り組みが広がっていますが、その実現に向けては、社会に対してどのような価値を生み出していきたいのかという観点が不可欠です。DXに関わるプロジェクトを通じた個人の成長、組織の活性化、組織の社会性の向上に取り組むKAIKAの事例として、是非、ご聴講いただければと存じます。

お申し込みは、下記の「参加お申し込みはこちら」のボタンにお進みください。
皆様のご参加をお待ちしています。

■ KAIKA Awardsについて
日本能率協会(JMA)では、社会が大きく変化するなか、 「個人の成長」「組織の活性化」「組織の社会性」の3つを同時実現することによって、持続的な価値創出やイノベーションに結びつけていく経営・組織づくりの考え方として、2012年より「KAIKA(開花・開化)」を提唱しています。
そして、2014年からは、 優れたKAIKAの取り組みを表彰し、その実践の考え方や工夫を広く産業界に共有することを目的として、「KAIKA Awards(カイカ・アワード)」を実施しています。
今年度も応募受付を開始しています。
https://kaikaproject.net/awards/

開催概要

日時
2021年7月12日(月)
14:00~15:00
会場
Zoomにて開催いたします。 
※ZoomのURLは開催日前日(7月9日)に、ご登録いただいたメールアドレス宛にご案内します。
定員
100名(※定員になり次第、締め切らせていただきます。)
参加費
無料
参加対象

◆経営者、経営企画・人事部門等のご責任者・ご担当者
◆KAIKA経営の実践方法にご関心のある方々
◆経営理念の浸透、組織の活性化、人材育成、働きがいのある職場づくりにご関心のある方々  など

当日スケジュール
14:00~14:15

KAIKA経営の実践がもたらす組織のメリットとは?!
~7,000名以上のビジネスパーソンを対象とした調査研究から~
(日本能率協会 KAIKA研究所 所長 近田高志)

14:15~15:00

KAIKA実践事例発表:

株式会社デンソー
デジタル・イノベーション室
・アジャイル開発課 デベロッパー 有竹 貴士 様
・ビジネス開発課 課長 金子 由美 様

<講演テーマ>
『スマホアプリで安全運転意識を高めるyuriCargoプロジェクト -目指すのは社会と自分の変革ー』

<講演内容>
伝統的な「モノづくり」文化が根差した自動車業界は、今、自動運転や電動化等の新技術が生まれ、
100年に1度の変革期を迎えています。

その中で立ち上がった「yuriCargoプロジェクト」。

「yuriCargo」は、安全運転意識を高め、データを活かした安心・安全な街づくり、
社会貢献に気軽に参加できるスマホアプリです。

品質を最重視するカルチャーが深く根差した企業風土の中で、
従来にはないアジャイル型のプロジェクトとして推進し、少しずつ周囲を巻き込んできました。

「yuriCargoプロジェクト」の目指していること、アジャイルな進め方がメンバー自身のマインドに
どのようなインパクトを与えたか、についてお話しいただきます。

申込締切:7月8日(木)

pagetop