講演

社内の意識を共有する

経営者・推進担当者のみが課題を持っていても組織全体を動かすことは難しいと考えます。客観的視点から「これからの組織はどうあるべきなのか?」「今、社会はどうなっているのか?」など、まずは理解を図ることが必要であり、それは社内へのメッセージにもなりえます。各組織にあわせたテーマを設定し、ご提案します。

Service

概要

時間

講演 1~2時間/回

料金

無料~ ※講師により料金変動

講師

一般社団法人日本能率協会 KAIKA研究所
※講演内容・講師のアレンジ可

テーマ例

radio_button_checked イノベーションを起こす社会・人起点の組織づくりとは? ~KAIKAを知る~

radio_button_checked 社会視点発想のマネジメント ~経営と事業を問い直す~

radio_button_checked これからの組織づくり ~組織の開放性が問われています~

radio_button_checked 表彰制度を活用した組織活性化

radio_button_checked 経営課題調査からみるこれからの組織が必要な視点

※基本的にKAIKA視点の経営・組織づくり・人材育成などをベースとした内容となります。
テーマ・内容についてはご相談ください

rinfoサービスに関するお問い合わせ

日本能率協会(JMA)が公益として外部発信させていただいている提言やKAIKA起点の組織づくり・経営についての講演は、無料にてお受けしています。

その他、日本能率協会(JMA)では、経営マネジメント、人材育成・人事制度構築、組織開発やキャリア開発など、様々な視点において出版、記事執筆や講演会・研修を実施しています。社内会議や研修、業界団体や自主勉協会における勉強会などで講演会を予定されている方はお気軽にお問い合わせください(講師により料金が変動します)。

お電話でのお問い合わせ 03-3434-0380

KAIKA(開花・開化)とは、「個人の成長」「組織の活性化」「組織の社会性(つながり)」の同時実現を進める経営・組織づくりの考え方です。社会や経済が成熟化し、さらに多様性・多元化が進むなか、企業活動や個々人の営みが境界を越えて繋がりあう時代がきています。
組織が持続・発展するためには、現在の経済的利益や価値創出のみならず、社会とつながり将来に向けた継続的な価値創造の視点が必要です。人や組織の能力が花開き、「イノベーションが起こせる組織」になるための取り組み −KAIKA(開花・開化)−私たちはこのKAIKAの視点を通じて経営・組織の課題に応えていきます。

pagetop