管理者の「新入社員育成」に対する意識アンケート

2019年9月17日リリース


管理者の「新入社員育成」に対する意識アンケート
管理者と新入社員の意識ギャップが見受けられる結果に!
双方の理解を深める対話の活性化が不可欠


一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、企業の「人材育成」を支援する各種研修プログラムを開催しています。このたび、2019年5月~2019年7月に、小会の主催する管理者向けセミナー参加者を対象に、管理者の「新入社員育成」と「自身の取り組み」に関する意識アンケート調査を実施しました。

その結果、新入社員に対して、現在期待している能力・スキルは「コミュニケーション力」が6割以上となり、素直さ、ビジネスマナーと続きました。
部下への接し方に関しては、聞く姿勢を見せる上司が増えている一方で、叱る、任せることを苦手とする一面も浮かび上がりました。また、本結果と、小会で4月に実施した「新入社員意識調査」とも比較したところ、管理者と新入社員との意識ギャップが見受けられました。

アンケート結果を受けてのコメント(抜粋)

株式会社コンサルティング・フェア・ブレイン 代表取締役社長
関根 利和 氏

(日本能率協会 専任講師)

▼対人関係の構築が最大のテーマ▼

多くの管理者は若手社員(新入社員)に対し、「コミュニケーション」能力、「素直さ」、「ビジネスマナー」といった、仕事上の対人関係をきちんと取れる人を望んでいます。つまり、面倒な人とのやり取りは避けたいということです。それは逆に、対人関係の構築に自信がないということの表れだと私は感じています。
昨年来、企業の部課長、その候補の方々をお話をして感じることですが、私が「経営者や管理者は対人関係を強くすることが最大のテーマ」と申し上げると多くの方が好意的に反応されます。また、管理者の約8割はメンバーとの対応、人材育成で悩んでいます。企業側でも、対人関係の構築について、人に対する理解、心構えを腑に落とし込ませ、必要な技術を身に付けさせる必要があると思います。
また、企業では、人材育成の役割を与えるのみで、あとは工夫せよというのでは管理者は不安が払拭されないと私は思います。企業側でも、何を学ぶべき教えるべきかを体系的に整理して、教育していただく必要があると思います。

ある企業の管理者から「特に悪いわけではないが、新人や若い社員と何か距離感があり、何か言っても反応が薄い。どう対応したらいいでしょうか」と聞かれました。管理者の多くが若手社員(新入社員)に対して自分のメッセージを届け・・(続く)・・

◆プレスリリースの詳細(講師コメントの続き)はこちら
https://jma-news.com/archives/aw_newsrelease/3292?_ga=2.238670341.421176654.1569975301-1674740368.1568766545

◆調査結果およびKAIKAをベースとした講演会・研修などのお問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ
https://kaikaproject.net/form/contact.html

ページトップへ戻る