KAIKA度診断

KAIKA度診断 ~あなたの会社・組織のイノベーション体質(社会価値創出力)を診断します~

KAIKA経営とは、「個人の成長」「組織の活性化」「組織の社会性」の3要素の同時実現を進める経営・組織づくりの考え方です。これによって、個人も、組織も、社会も、ともにその能力や可能性を花開かせることができるのです。
KAIKA経営3つの要素の考え方は以下に基づいています。
急速なスピードで世の中の環境が変わり先が読めないなか、その変化に対し、会社・組織の「自ら変わることのできる力」や「社会に新しい価値を提案できる力」が、経営の持続・発展のために不可欠となっています。これを私たちは『社会価値創出力』と呼びます。
そして、「社会価値創出力」の源泉について研究した結果、次の3つの要素が、相互にダイナミックに影響しながらプラスに働いていることが重要だということが明らかになりました。

    • 個人の成長:「会社内向きでなく、社会への感度と自分の目標感を持って行動し、成長・貢献できる体質」
    • 組織の活性化:「常に自社の社会的な存在意義を問い続け、その実現のために個を活かしつつ部門を超えて協働・チャレンジし、学び続けられる体質」
    • 組織の社会性:「顧客や労働市場、ステークホルダーなど社会への感度を高め、社会の多様性を取り込み、社会に能動的に働きかける体質」

7000名以上のビジネスパーソン研究や300社以上の企業調査研究に基づく診断モデルです

content_pic01
本KAIKA経営の基本モデルの有効性については、7,000名以上のビジネスパーソンを対象とした調査研究を通じて検証してきました。調査研究の結果によれば、KAIKA経営の実践度合いが高いほど、

  • 「個の能力の総和以上の成果を生み出している」
  • 「事業成果を継続して創出している」
  • 「今後も成果・進化しつづけられる」

と、社員が実感できている傾向が明らかになっています。

また、300社以上の企業調査研究においても、KAIKA度が高い企業は、新事業開発に成果が出ている傾向が高いことが明らかになっています。

「自社・自組織のKAIKA度」が気になった貴方

まずは、あなたが自社・自組織をどのように「KAIKA的評価」をしているかセルフチェックしてみませんか?
「セルフチェック」は、組織全体としての傾向を評価するため、あなた自身でなく、会社・組織(PJT含む)メンバーの平均像をイメージしてご回答ください。
セルフチェックは60項目20分程度、診断結果は4分野12項目において「満開」「7分咲き」「5分咲き」「3分咲き」「つぼみ」の5段階で結果が表示されます。

まずは無料のKAIKA経営セルフチェックを受けてみる

KAIKA経営セルフチェック

全社・自部門のkAIKA度を知りたい方へ

KAIKA度診断では、貴社・組織のイノベーション体質(社会価値創出力)をベンチマークと比較診断できます

resultKAIKA度診断では、7000名以上の研究データをベンチマークデータとして活用し、①個人の成長、②組織の活性化、③組織の社会性の3要素から、貴社・組織のイノベーション体質(社会価値創出力)がどの程度のレベルにあるかを診断します。

全社員、自部門の全社員のアセスメントによって、KAIKA的な視点を分析できるとともに、部門毎、年代毎などでの差異などをみることで、組織の次の手を考えることも可能です。特にイノベーションの源泉となる「組織の広がり(社会性)」、外への感度をベンチマークできる診断はKAIKA度診断以外になく、国内唯一の診断となっています。

KAIKA度は、右記のとおりKAIKAモデル図の12項目において、ベンチマークと比較した診断結果を「つぼみ」「三分咲き」「五分咲き」「八分咲き」「満開」で表現し、各項目や全体を通してのコメントも表示されます。

■料金
基本料金(税別)単価(税別)
日本能率協会 会員100,000円
※年1回は基本料無料!
1,000円/名
同 会員外100,000円1,000円/名

※日本能率協会 会員は以下をご確認ください。会員企業においては年1回基本料金が無料となります。ただし、30名以下で実施の場合は、本優待は含まれません。
https://www3.jma.or.jp/jma-member/list_new/n_member_list.php

※報告書の詳細分析やその後の組織開発・人材育成など提案については、個別にご相談ください。

■こんな企業・組織におすすめです 【KAIKA診断活用法】

  • 新規事業を生み出す組織風土を醸成したい
  • 個人・組織全体の視野を広げるような“気づき”を促したい
  • 継続的な職場活性を図りたい、職場の一体感を高めたい
  • 職場改善や、働き方改革などが進んでいるかどうかを確認したい
  • 組織の内部志向が強い、停滞感・閉塞感を打破したい
  • 個人が、自分お成長と組織への貢献を実感できるような組織にしたい
  • 疲弊感や離職など組織に不健全な状態が生じているが、何から取り組めばよいかわからない
  • 事業成果を得るためにも、従業員のコミットや働き方の見直しが喫緊の課題
  • これまでも組織診だ・ES調査を実施しているが、結果に基づく具体的なアクションには取り組 んでいない。
  • 新しい人事施策や全社的な方針を打ち出したが、現場に受け入れられず停滞している。
組織のイノベーション体質(社会価値創出力)は、通常のマネジメントの中では、”見える化””見せる化”することが難しいといえます。しかも、組織の体質は、管理者のマネジメント行動によって刻々と変化するものです。

そこで本KAIKA診断は、単なる「診断して終わり」ではなく、定期的な健康診断のように、結果をもとに「職場で対話し体質改善を促すツール」、「管理者自らが、自分のマネジメント行動を見直すツール」「経営者が、人事制度や様々な経営施策の効果を把握し、体質改善を促すツール」として活用できるようになっています。

ex02_1

■KAIKA度診断を活用した課題解決

KAIKA度診断を活用し、以下テーマでの組織課題解決も提案しています(有料)。

  • 理念・ビジョン構築・浸透
    組織規模の拡大や構造改革などのなかで、求心力や一体感向上に必要となる、理念・ビジョン・バリューなどの構築・浸透をサポートします。
  • 部門間の関係性向上
    全社的視座から、部門間のシナジー不足やコミュニケーション不全を解消し、望ましい関係についての共通認識づくりや、実現の支援をおこないます。
  • チーム力の向上
    硬直的個人主義的な組織や、イノベーションが求められる組織において、経営成果に直結する職場やメンバーの「関係性の質」向上のための課題解決を進めていきます。
  • 意識改革・活性化支援
    合併統合やリストラクチャリング、職種転換、経営環境変化に迅速・殉難に対応し、事業成果とともに個人の成長や組織の社会性を同時に実現する為の写真意識・カルチャー改革施策の計画・実施を支援します。
  • 組織診断
    理念・ビジョン・バリュー等の浸透度、組織風土(カルチャー)、活性度コミュニケーション、満足度などを総合的に診断し、潜在課題の見える化と優先順位の明確化のための報告・提案をします。

KAIKA度診断で、自組織を客観的に分析してみませんか?

まずは無料のKAIKA経営セルフチェックを受けてみる

KAIKA経営セルフチェック

★KAIKA度診断、KAIKA全般に関するお問い合わせ★

ページトップへ戻る